月刊Gファンタジー05年04月号感想


藤川祐華「ラジアータ ストーリーズ The Epic of JACK」

この作家さんを知ったきっかけが
勇佐野さん時代のパクリ疑惑だったため、
現在まで「そういう作家なのだ」と色眼鏡かけて見てました。
正直ちびとらいぶも大して面白くなかったですし。

で、今回の新作です。
原作つきで結構大きく出てる扱いです。
「パクリ作家なのにいい扱いだなー」と感じてました。

上手いじゃないかよこん畜生。

主人公は「俺より強い奴に会いに行く」かつ
「強い奴になって皆を守るんだ」で、
「いつか父さんみたいになるんだ」とまあ
正統派少年漫画系主人公ですね。
でも近年珍しいタイプかも。

最初にいきなり負けて世界の広さを知るのも、
これまた正統派なんだけど
最近の最強主人公氾濫振りには珍しいよなあ。

絵も上手いし構図やコマ割りの使い方も上手いですね。
こりゃパクリやらかしても編集が見捨てない訳だ。
勿体無い。

逆に言うと、こんなに上手いのに
何故パクリなんかやらかしたんだろうなと思いますよ。
パクリやらかしたからここまで冷却期間を置く必要があったのだろうし。
(PN変えたのもみそぎの意味合いが強いのだろう)
普通に漫画描いて載せ続けて育てていってたら、
鎌谷レベルにはなってたんじゃないのか?

魔が差すってのは怖いものですね。

漫画本文には関係ありませんが、ゲーム紹介記事で
「ダークエルフ」の部分読んで本気でつんのめりました。
何だあの設定…。
邪悪じゃないダークエルフってどうよ。
あんな設定にするなら、ゲームオリジナルの名前にすりゃいいのに。

天乃咲耶「現神姫」

謎の婆さん出現。
しかし再登場らしい。
…ステ時代知らない読者には辛い。

俺的萌えキャラ斎たんは可愛いなあ…と
和みつつ、どうやら惨敗のカガリ君は
こやた君(漢字忘れました)に狙いをつける。
本格的に悪党化するようです。

司狼は千姫を守る決意と共に現世復帰。
夜刀彦から体を分捕り返したようです。
しかし雪花はちょっとしょんぼり。
どこまでも報われない子だなあと思います。狐だけど。

つーか相関図読み返して気付いたんですが、
千姫の前世が暁生丸で、彼が使っていた妖刀が夜刀彦。
彼に仕えていた式神(?)が司狼の前世なんですよね。
で、千姫は「暁生丸の前世」と言う属性だけではなく、
「現神姫」と言う能力まで持って生まれたって事ですか?

暁生丸=現神姫の能力持ちって訳じゃないんだよな?
男だし当然だろうけど。
只単にすげー強い剣士兼術者って事でFA?
で、司狼の前世は式神(?)ってだけで、
前世段階では(傍には居た事になるけど)夜刀彦とは関係ないんですよね?
現世段階で夜刀彦と「千姫を守る」と契約しただけであって。

ステ時代知らないので
ちょっと間違えて把握していた部分があったようです。
ここで備忘録っておく。

渡辺浩弐/遠野ヤマ「プラトニックチェーン」

指輪物語編、まだ終わってませんでした。
ナルミが包帯娘との格闘で何かやったようですが、
それが何かは来月以降に判るようです。

カヤノは絵は下手でしたと。
あー笑った。残りふたりのへこみ具合と合わせて。

友達の彼氏を見事に囮にするナルミ。
彼氏だと言うのに囮にさせるリカ。すげーな。

サンタのカラクリは
セレクションの「追われる二人」と思い出しました。
奇抜な格好が却って群集に紛れる材料になる。

きたうみつな「ToHeart2〜colorful note〜」

AT-X無料でこみパ-Rを録画していたのですが
おなごキャラの喋りのうざさに開始5分で陥落した俺様ですよこんにちは。

所謂ギャルゲー雰囲気の作品ってのは
俺にとっては喋ると駄目なのかもしれませんな。
漫画媒体だと、妙な語調で喋らん限りは、
読者のペースで脳内アフレコ出来る訳だし。

で、東鳩2ですよ。
相変わらず幼馴染みキャラが居るようですが、
今回は歳の差があるんだな。新鮮だ。

まだキャラ出揃ってないみたいなので感想はそんなもん。
東鳩1のアニメ版は結構好きなので、こっちも期待はしている。
この人もデジタル原稿なのかなーと
トーンの使い方を見ていてふとそう思った。

柴田亜美「カミヨミ」

段々大佐の胸が軍服の上からも明らかになってきたなー。
……何だか変な所に目が行ってしまった。

菊理のエピソードを挿入しつつ
とりあえず事件の情報収集中。
また瑠璃男の刀見て顔色変える人出てくるし。
相変わらず源平合戦が元ネタなんだな。

結賀さとる「E'S」

あっさりマリアとごついおっさん軍人が出会いました。
何だよー敵同士って事はもうちょっと引っ張るかと思ったのに。

勇基と曳士も初邂逅。
しかし勇基はあの男が「曳士だ」と確信を持っているだけで
名乗りあった訳じゃないんだよな。

各人色々フラグを立て合いつつ、
戒・神龍サイドでは、神露降臨。
シェリーは無責任にも彼らに神露を押し付けて曳士の元へ。
………彼、曳士に会うのはいいけど、
何だか曳士にえらい目に遭わされそうな気がしてきた。

戒が能力を使えないのは、
光流に全ての能力が流れてしまっているからですかね。
戒の能力は元々レセプター能力であって、
自傷にまで至る光流の能力を受け止めていたのだから。

でも戒自体にも能力があったはずだよなあ。
どうやら作者さんの発言を見る限りでは
戒もいずれプレリュード版(あの俺様キャラだよな)になるっぽいよな。
つー事は確変してえらい強い能力者になるんじゃなかろうか。

一方、一美は色々とアシュラムから持ち逃げしていたらしく、
鷺宮父の手記やK.KUDOWのDNA記録(だったよな)とかを
朝倉医師の元に残していく。
さてはて。

PEACH-PIT「ZOMBIE-LOAN」

また3誌合同企画か。
全て揃える強者もおるんかなあ。
ガンガンネットでもGF連載漫画紹介は
現状ゾンビのみみたいだし、これも看板と見ていいのかな。

吉住医師はマッドもマッドでしたとさ。
自分の脳を司令塔としてゴーレム・ファランクスと合体。
しかし先に開発されていた中和剤によって弱体化。
ファランクスもろともにチカ達に倒される。

…細胞維持薬の完成前にその中和剤が完成してるってのもな。
薬の仕組みが良く判らないが、ご都合主義っぽい。

シトはゴーレムの女の子に過剰な感情移入をして、
彼女と共に生きていく事を選ぼうとするが、
野木医師によって彼女は射殺される。

歪んだ命であっても生きていていい。
その思いを踏み躙るように。

と言う訳でゴーレム編終了。
物凄く引き伸ばしていた蝶編とは大違いだなあと思う。
あの頃は落としが結構あったから、時間的な印象だけかな。
単行本で読めばまた違うのかねえ…。

鎌谷悠希「隠の王」

前号では「次回番外編」とか書いてあったと思うのですが、
これ普通に続いてますね。
主人公と以下3人が居ないだけで。
とりあえずあのふたりは別れたんだな。

「人は交じり合って生きていかなければならない」
と言うくだりはアダ戦記思い出したり、
傷つけ合うからという理由でそれを忌避する態度には
それこそゾンビの蝶編思い出したりな。

まあ、青春の1ページみたいな悩みですな。
彼は短命みたいだから、悩んでる暇なさそうだけど。

でも、術使ったから命削れる訳だから、
逆に言うと術使わなかったら普通に生きられる訳だよな。
短命である事を選んでるのは彼自身なので、
どうも自己陶酔には付き合いきれんっつーか何つーか。

MAKOTO2号「テイルズ オブ デスティニー2」

天地戦争の英雄のひとりであるアトワイトを
不意打ちとは言え瞬殺。
バルバトス強いなあ。

強さのインフレ起こってなきゃいいけど。

naked ape「switch」

………………。

これって、露骨に
「元々不幸で、それから救ってくれた男も非常に悪かった」
と言う、この手の犯罪漫画にありがちなのテンプレを
地で行く奴だと思うのですよ。

MM編のアカハ君の時も思ったのですが、
何故この手のキャラに女性を割り振らないのか非常に疑問です。

まあアカハ君の時は
「犯罪者なんだからホモに走るような歪んだ連中でもおかしくないよな」
で納得していたのですが、
その手の「性癖が歪んだ連中」ばかり出されても正直食傷気味と言うか。

ま、作者の趣味っつったら、その通りなんだろうけどさ。

でも正直「もうBL雑誌行ってくれ」と思い始めたのもまた事実。
普通の雑誌で「相手が男でも女でも気持ち良ければいい」なんて
台詞を読まされる事になるとは思いも拠らんかった。

「グラス一杯の赤」で、ナイフが手渡されるのだから
鳥掻っ捌いて血と共に薬キメるのかなー。

今回、作画が別の人かと言う印象を受けました。
線に強弱がある部分があったり、珍しく影トーン使ってたりするからかな。

水無月すう「わたしの救世主さま〜lacrima〜」

「今月の1コマ」に滑り込むのだから
人気はある漫画なんでしょうな。
個人的には読み飛ばしで観戦モードですが。

多分ファンの人はこの見開きズタボロ膝枕でまた
「今月の1コマ」に投票するんじゃないのかなーと
そんな風に外側から見ている印象です。
ストーリーには乗れてないや俺。
途中参加だから、この春儚と主人公の繋がりが
全く判らないからだろうな。

ようやく一段落したみたいですね。

真柴真「夢喰見聞」

「死ぬまで下宿代払い続けて」に笑ったよ。
これも、精一杯の好意と思えばいいのかな。

蛹が羽化したら蛾だった、だから笑ったってのは
ある意味ペーソス入った笑いだよなーと思う。
この漫画に最適な「笑い」かもしれない。

福盛田藍子「ティルナフロウ」

チコが1コマしかいねえ!
って事はやはりこの漫画の主人公はトキなんだろう。
イノがコマの片隅で何かやってる姿が可愛いなあ。
小ネタがいい漫画だよなあこれ。

仲がいいのか悪いのか判らないナチとウズハ。
しかし人狼化ウズハ強いな。
過激なコミュニケーションだな溶岩おねいさん。
ライバル心が強さを育てるってのは黄金パターンだな。

それにしてもスポーツブラ一丁なのに
色気を感じないナチってある意味凄い女の子だ。

岩佐あきらこ「阿佐ヶ谷Zippy」

ハイジの過去暴露編。
彼の腕から生えるのは八握剣と言う代物で、
それは「白祭の力」を持つ人を守るためにあるらしい。
でもハイジは父親から詳しい話を聞く前に
父親を亡くし、剣を受け継いだので肝心の事は良く判ってない。
で、フォックステイルには「御神体」を取られてるので
それをタテに「脅されてる」らしい…。

どうやら彼がバイト三昧なのは
「組織」の仕事で迷惑かけた人達に
匿名で寄付するためっぽいですね。
…そう結論付けていいのかな。
実家、借金などで困ってる様子もないしなあ。

「白祭の力」の人を守るための一族のようなので
ハイジが美紗緒の下手人ではなさそうだ。
フォックステイルも、ディーの口振りからすると
下手人ではない…のかな。

いや、ハイジかフォックステイルが殺っちまった後に
「じゃあ白祭の力ってどんなんだったんだ?」と
調査しまくってるのかもしれないけどさ。

「あの小僧は男だし気にする事もないか」って事ですので
本来なら白祭の力は女性のみにしか発現しないんでしょうかね。
でも一樹はどうやら機会があれば発現するようですよ。

しっかし一樹がヒロインだなこりゃ。

鈴木次郎「壮太君のアキハバラ奮闘記」

暫く「ひぐらし」連載に掛かりきりになるみたいです。

もう戻ってこなくていいよこの漫画。

壮太がもうエリの事何も心配しちゃいねえし
エリも何でこんな男の事を心配してやるのか
非常に判りませんっつーか判りたくないっつーか。

本来、ヲタの馬鹿馬鹿しさを笑う漫画だったはずなのですが、
それを笑うためには現実との接点を保たなくてはならないでしょう。
笑いとは「常識」を尺として成り立つのですから。
ヲタってのは「常識」から外れてるから、笑えるんであって。

この漫画での「常識」って、
店長であり、
壮太母であり、
エリだったはずなんですよ。

エリは愛ゆえかどうか知りませんが、壮太の奇行を完全スルー。
残りふたりは出てきやしねえ。
………この状況の何処にカタルシスを感じろと?

特に、「常識」と「非常識」の境目を泳ぎ回る店長が
完全に登場しなくなったのが、この漫画のキモを変えてしまった。
店長も確かにヲタの一員だが、三次元も大切にする人間だった。
少なくとも「親に感謝できないヲタは只の引きこもりだぜ」と
壮太に諭す事が出来るキャラだった。

壮太、お前、母親のこと全く思い出してないだろ?
「常識側」の人間に物凄く迷惑かけてるって自覚あるのか?

何時オトしてくれるのかと思いつつホームレス編読んでたが
そこを回収する事無く「ひぐらし」連載で長期中断。
どーやら回収する気がなさそうだなーと思った今月でした。

と言う訳でさようなら。
俺には最早ついていけん漫画だ。

氷川へきる「ぱにぽに」

バニーガール妄想は露骨に野郎へのサービスですか?
サイン会レポの方が面白いと感じた今日この頃。

高田慎一郎「ククルカン」

久々に爆笑箇所がないけど
淡々としてるけど、いい漫画だなー。
正直にそう思いました。

「友也」の話は唐突に思えましたが、
どうもこの漫画、伏線は極力
その場その場で回収していこうとしている節があるからな。
前作打ち切られた後遺症なんだろうか。

みもり「99+1」

…あれー?こんなに絵下手だっけ?
純粋に人物パースが変なコマが時々あるな。

と言うのが一読した第一感想だったりする。
相変わらずクリーチャーデザインはいいね。

連載決まったのかなあ。
そんな風な話だ。明らかに続きモノっぽい。
まあ、他の読みきりーずよりかはマシかもしれないが。
…パンドラとどっこいどっこいかな。質としては。

パンドラの人共々、後何回か描いてみて
3ヶ月程度の短期連載持たせてみたら
もっと育っていい感じになるかもしれませんね。
この読みきりシリーズ、このふたりが収穫だったと思う事にします。

………て、来月も別の読み切り載るの?



全プレのテレカ、ティルナで申し込みました。
来月もティルナの予定です。

サイン色紙も勿論申し込みますとも。
誰の色紙かはこのサイトにおいて、敢えて書く必要もあるまい。
上田信舟の色紙、普段荒っぽいCGカラー絵ばかり
見ているからか、新鮮な塗りです。

逆に裸猿は、普通のカラーが描けないのかなーと邪推してしまった。
白黒主体な色紙は他にもTAGROや桃種とかも居るんだが
どっちもセンスいいんで気にならないや。

休載は鳩とサルガ。
サルガはきちんと休載お詫びページまであります。
インフルエンザだったんですね。
しっかしこのお詫びページ、サブカル萌え漫画雑誌みたいだな。

あーそういや刻の大地連載終了告知も載ってましたね。
「連載終了」告知なんてネタでしか見たことなかったですが、
(WJのH×Hがネタに使われて、好きな漫画だが正直笑った)
マジでそんな手段に出る作家って居るんだなーと(悪い意味で)感心。
普通、打ち切りモードだろうがなんだろうが、
自分の作品にはどうにか決着つけるってもんが物書きだろうと思うよ。

ま、何かにつけて現在のGFを貶す鬱陶しい夜麻ファンが
これでこの雑誌に寄り付く事がなくなるんだろうなと思うと
それはそれで清々しますが。
俺はエルナ2が始まったこの数年のGFしか知らんのだよ。
鬱陶しいよ「昔」しか認めない方々は。

ちびとら最終回。
Gトラ本編ももうアンケートやらないようですし、
こりゃ来月で最終回かな。
盛り上がったんだか盛り上がってないのか
全く判らない企画でした。

次号予告。

表紙:隠
巻頭カラー:たまごのきみ。(新連載)
センターカラー:隠、ラジアータ、東鳩2
付録:隠下敷き
最終回:サルガ(今度こそ)
新連載:ラジアータイラストレーションズ
新人読み切りシリーズ:佐々木裕輔「マサナの徒」

あからさまに隠を大プッシュしてますなー。
それに対して同じ新連載組だったティルナ人気ないのかな、
と寂しかったのですが
どうやらキャラコンに滑り込んだり
全プレに選ばれたりしてるので、人気はそこそこのようです。

住吉文子は天おと終了2ヶ月で早くも新連載です。
紹介アオリを読む限りでは、
やっぱりファンタジックなコメディなのかな。
天おとでは中盤にそのギャグが滑りっ放しだったので、
ちょっと心配です。普通にシリアス描かせたらいいのに。

いきなり追加された新人読み切りですが、
また「投稿作の続き」を描かせるようですね。
エニ自体から「丁度いい修行の場」と思われたんでしょうか。
このシリーズ。
第5回の入選だから、ついこの前出てきた人か?
だからこのスーパールーキーズ開始前には
紹介出来なかった(見出されてなかった)って事か。

鈴木次郎は6月号から「ひぐらしのなく頃に 祟殺し編」連載。
アキバは9月号から隔月連載で復活。
つまり、
5,6,7,8月…ひぐらし
9月…アキバ
10月…ひぐらし
11月…アキバ
(以下エンドレス)
と言うペースになるのか。
つーか、ひぐらしを4ヶ月で終わらせないって事だよなこれ。
原作ゲームを全く知らないんだが、そこまでの長編連載になるのか。

サイフォスの悲劇を知る者としては
(アレ結局次回は何時載るんでしょう)
どちらかがぐたぐたになる展開が目に見えています。
ま、あのアキバだったらいらないんで、
ぐたぐたのまま連載終わるならそれはそれで構いません。

前述のようにひぐらし原作を全く知らないので
(オンで絵や小説やってる以上、
少しは同人者に足突っ込んでますが
オフには買う方売る方双方に殆ど手を出さない人間です)
どうなるのか全く判りません。
…原作ゲーム絵、あんまり上手くないな。
つーか萌え系とは言い難いような…。

「………どこかが気色悪いな」てのが第一印象だったんだが、
良く見ると鼻が省略されてて手が末端肥大だからか。
普通の漫画絵にされてるコミカライズ3作版の方が余程いいや。

ゲーム紹介での地の文で「萌え」と言う言葉が使われてるよ。
GFってアキバ以外で普通に
「萌え」なんて単語が出てくる雑誌になったんだ…。

ラジアータのイラストレーションズは、
(読んでないけど)ガンガンでやってる
ロマサガイラストのようなもんか?
それを色々な人に連作させるってだけで。


TOP