月刊Gファンタジー05年03月号感想


柴田亜美「カミヨミ」

大佐に脅されたのでテレカ申し込みました。
あの「編集部・注」がツボに入って笑い転げたりしましたが。

いや先月号段階で通販するつもりだったんだけど
暇がなかったので切手買ってなかったのさ。
宛名用紙切り抜いたら丁度エドだったのでちょっといやん。
今まではガンガンの全プレしか申し込んだことなかったから、
鋼が裏紙になる事なかったもんなー。

以上、どうでもいい話。

冒頭、別の漫画始まったかと思ったよ。
中将相手に大佐が慇懃に無礼な態度取っても普通に受け止められるとは、
日明大佐の所業は軍内に轟いてるんだな。

今度は鞍馬山で天狗騒動か?
どこまでも源氏と平家の絡みで話が進んで行くのかな。
どうやら瑠璃男が鍵を握るようだが。

で、住職殿はまたあやかし時代に出てきたお人ですなー。
マジで天狗だったりするんかねえまた。
「日明んところのせがれか!親父譲りのいい面構えしてるぜ」
とか仰ってますので、どうやら鬼子母神殿と長年の知り合いみたいです。

と言うか、天馬の父親ってどんな人なんでしょうな。
それもこの「カミヨミ」の謎のひとつか?
大佐は「帝都と契った身」と言って、夫の事には特に触れてないしな。

鈴木次郎「壮太君のアキハバラ奮闘記」

感想書くために一読しようとしたのですが、
本気で目が滑るというか、読む事を拒否しました。
と言う訳で感想は書けません。すいません。

つーかマジでこの漫画の部分、ホッチキスで止めていいか?
ああそこそこ厚いからホッチキスは無理か。ボンドで止めるか?
昔からこの(なんちゃって)レズ娘すげー嫌いで、
こいつが出る時は読み飛ばし対象の月になってたんですよ。
この暴虐無人な態度がなあ…パーティの回では正直
親父GJだと思ってました。目糞鼻糞な親子なんだが。
今回の件でようやく先輩に嫌われやがってへこめ。

この娘だけでもきっついのに、この社長代理がまた別ベクトルでなあ。
読者サービスでホモ狙おうとするのが、正直キモイっすよ。
ギャグならギャグでマジでホモな奴の方がまだマシだ…。

でも読者にはこの二者が人気あるのかなあ。
だから今こんな展開なのかなあ…。

MAKOTO2号「テイルズ オブ デスティニー2」

「アトワイト・エックス」「リトラー」と訊いて
即座にFSSが連想された俺の脳味噌。
今はFSSとは縁切れてるんだけどさ。
…マジで狙ってんのか?ゲーム製作陣。

ソーディアンって某ファーラムの剣みたいに
「人間の魂が剣に封入された」と思ってたんですが、
違ったんですね。…ですよね?
ゲーム版知らないし、
「1」漫画版も終盤も終盤しか読んでねえから全く判りません。

天乃咲耶「現神姫」

………兄貴怖えよ!それ異常だって!
いずれ狂気に駆られて敵対しそうな気がしてきました。

つまり「神様が君を守ってくれる」とは言っていたが、
その神様に千姫を渡すつもりはないって事か。
千姫は俺のもの、惚れた男なんぞ現れたらぶっ殺す、てな感じか。
…いや、だからそれが怖いよなと。

夜刀彦と対峙する千姫。
彼女は司狼と一緒にいることを求め、夜刀彦はいらん訳だ。
「ふたりで強くなったって、ひとりの時何も出来ないなら一緒だ」と
夜刀彦に刀を向ける。

どうやら何らかの決断をしたようですが…
首掻っ切った訳じゃないよなあ。
髪でも切ったか?でもそれに何の意味が?

鎌谷悠希「隠の王」

あら線の調子が元に戻りましたね。
どうやら先月はオーバーワークだったようで。

何だか「今月の1コマ」を露骨に狙ってるような
1ページがあるんですが、それは俺の勘繰りですか?

ネグセ先生は揺れまくってるなあ。
虹一とかの方が余程覚悟決まってるよなあ…
「死ぬのが嫌なら隠の世から逃げ出せばいい」
とか言い切るような少年だし。

それは彼が忍としての適性に優れているからなのか、
それともまだ何も「辛い事を体験していない」からなのか。
話としては後者の方が盛り上がるよな。

何だE'Sのマキシムみたいだな。
…と「楽に殺してくれる」みたいな噂で思った。
「最初からこの世に存在しなかったようにして欲しい」なら
プラチェのマジシャン氏に頼めばいいのに、とかな。
GFヴァーザスばりに思考混線。

「僕自身が解印する事で支配から解放される」ですか。
これは多分「解印」が得意技なネグセ先生の
ステップアップのためのイベントですよ。

PEACH-PIT「ZOMBIE-LOAN」

チカとシト、再会!
…と思ったら、一癖も二癖もある再会でしたとさ。
そういやふたりの喧嘩のきっかけって「名前で呼べや!」だったよな。
すっかり忘れてたよ。

どたばたしてるうちにあっさりみちる事は名前で呼んでるし。
素直にシトのところへ案内してくれるざらめ様は
案外いい死神さんだなと思いました。

吉住医師の目的は「ゴーレム製作」。
「ファランクス」と呼ばれるそれを作ったはいいが、
それはまだ培養液から出られない。
肉組織を統合させる細胞維持薬が完成しないから。
だから彼は徐福と取引するために、シトを誘拐した。
…が、運命歪曲により、何故か完成品を手に入れた。
さあ、どうなるのやら。

TAGRO「宇宙賃貸サルガッ荘」

うわ、設定暴露だけどすげーややこしい。

「この宇宙は誰かが見ている夢の世界」
…ではあるけれど、その世界に生きている者にとっては、
そこは紛れもない「現実の世界」。
それこそ「四畳半もあれば十分かなって」…そういう事だ。

テルにこの台詞を言わせるために、この漫画はここまで続いたのかな。

リコはどうなったんだろう。
只崩れ折れただけ?それとも、消滅してしまった?
「自分が彼女の夢の住民なら、永遠にここにいられるんじゃないか」
…という事は、彼はもしかして「夢の外の世界」の人か?

アヴェが気分悪そうなのはどういうことか。
そしてテルとメウは一体何処に?
アヴェが直接親父を倒すつもりか?

次回最終回。どんな着地になるのやら。
完結したら単行本集めるか。

結賀さとる「E'S」

えーと。
戒←マリア←勇基…てな片思い展開ですか?
それっぽい描写は一応あったけど、
(病院編のマリアとかな、十字架解析の際の勇基とか)
何分展開遅い漫画だからちょっと忘れかけてました。

アシュラムの目的は、結局は世界支配のようだ。
だから今ガルドに十二企業のトップを呼びつけ、
そのまま人質にする事にしたのだろうか。
で、何らかの爆発で「惨劇の幕が開いた」と。

一方マリアはサロンに出席。
デュマの母さんになりすましたのか、それとも愛人なのか。
良く判らないがサロン出席者には詮索されないからいいのか。

…サロンでの会話はキッツイよなあ…。
これ、病院編で切り刻まれてた能力者の死体にも関係するんだろうな。
あそこでバラされたパーツを切り貼りしてファッションを楽しむ富豪達。

「宗教とゴミしかない街」だけど「血が通っている街」ガルドか。
ここに何かが埋まっているのかな…。

まだ曳士は現れてませんが
会議にはいつもの影武者を送り込んでいる。
つー事は「会議に出席する」目的はなかった訳だ。
ならば彼の目的は一体?

一美のガルド訪問や神露の連続殺人事件と言う不確定要素がある中、
また長くなりそうなエピソードが開幕した。

福盛田藍子「ティルナフロウ」

さっさとトキとチコが融合。
でも偶然の産物っぽいので、再現は難しそうだな。

「デヴィ・ハント」だけど、
コンビによっては攻撃能力がない連中がいるってのは
なかなか凄いルール上の盲点のような気がするんだが…。
パステル自体の武器が有効だったからまだマシなんだよな。

「チコの魔力は過剰に抑制されている気がする」ってのは
やはり先代が魔力を使い果たして転生したからなのか?
融合によってその魔力はある程度は開放されるのかな。
開放と言うか、修行したそのものの魔力が現れるのか…。

50センチでも70センチでも、どちらにしても
「空を飛ぶ」というよりも「幅跳び」の域だと思う。

高田慎一郎「ククルカン」

やべえ、笑った。
大佐はまあ覗き作戦時点から判ってるとして、
トンキー教官や大尉までこんなノリかよ!

女子寮の連中ももう…まあ野外での食料調達なんかも
教えられてるだろうから、鳥をバラす事には抵抗ないんだろうな。
しかし仮にも鳥篭に入ってる鳥なのに…。

そして相変わらずこんなくだらん事で
プロの仕事を見せる辺りが素敵な軍隊だ。
常日頃から鍛錬を怠らない訳ですね(好意的解釈)。

茅野→リプトンだけではなく、
リプトン→茅野もまんざらではない様子。
そこに新しいおなごキャラであるミュール登場。
彼女は完璧にリプトンに惚れてるようで…。

これで茅野とリプトンの関係も微妙に進展するのかなー。

naked ape「switch」

………………。

…ガチで「男ばかりのドキッ!な乱交パーティ」だった………。

忍田も「女みたいな奴」とか言ってるから、
最初から男だと認識してたようだし…
そうか、この作家はこう言う作風だと確定させていいのか。

また長い話になりそうです。
トリッキーな話が多いし、顔の書き分けがあまり出来てない
(と言うかキャラデザに幅がないのかこの人ら)ので、
連載読むよりも単行本で読んだ方が
ストーリー把握し易い漫画なんだろうな。

そういやゼロサムの新連載読んだんですが、
よくもまあ女子厨房受けしそうな話(註:褒めと貶し半々)
持ってきたなあと思いました。
美形がいて人を殺す正当な権限があって殺して、
しかも命を狙われている。
血はたくさん出てくるが、彼らは汚れやしないと。

あの雑誌ってGF以上に女性向けなんだろうな。
俺には向かないようだ。

渡辺浩弐/遠野ヤマ「プラトニックチェーン」

「私達をエコヒーキして欲しいの」
…で、実際にエコヒーキされたようだ。
プラチェが何を思ったかは判らないが。

「なっちが表に来てるぞー!!」のコマが好き。
何だか勢いがあって。
「今月の1コマ」に挙げようと思う。

結局先月末に出てきた3人は、敵味方に分かれた事になる。
しかしマジシャン氏のコントロール下にあるようだ。
よく判らん。
指輪騒動がこれで終わりなら、次のエピソード待ちか。

堤抄子「聖戦記 エルナサーガ2」

→「エルナサーガ2」特設ページに感想は書いてあります。

岩佐あきらこ「阿佐ヶ谷Zippy」

バカ一号とバカ二号最高。
連中の「最大の萌えポイント」はメイドと。
…イヌミミモードとかじゃないんだ…。

琴琥にも「発情期だったのか!」と思われるほどに
最近の犬丸君は浮付いてたんですね。
そしてストレートに「結婚して下さい!」と言える程に
行動力がある訳だ。叔父様とは違うなあ。

しかし、彼がいらん告白したせいで、
桐子と武村のやけぼっくいに火がついてしまいましたとさ。
…諦めてないっぽいけど。
でも「邪魔してやる〜」とか言ってますが、
邪魔したら桐子に嫌われるんじゃないのか?

若菜はすっかり「花嫁の父」状態ですね。
どうやら惚れていたと言うよりも、ただ単に「取られたくなかった」
みたいな感じのようです。

ともあれこれで桐子と武村のエピソードは
一旦ケリがついたようなもんだと見なしていいか。
1巻からだから、長かったなあ。

真柴真「夢喰見聞」

真相暴露編。
しかしきつい…ホラー漫画誌並だ。

でもまだ裏がありそうです。
以前にちょっとだけ過去編みたいなもんがありましたが、
それと幾分誤差がありそうな気もしますし。
読み返せばそれが正しいのか、どの辺がおかしいのか
判るかもしれませんが、面倒だからやらん。

氷川へきる「ぱにぽに」

付録のCD邪魔だなあ。
表紙と裏表紙が同じ作品だった事って
この雑誌買い始めて初めてだったと思います。
メディアミックスしてる漫画が殆どないからな。

土方悠「VANPIT」

結局最終回まで鉛筆部分があるような気がする。
何だか冷めた…単行本2巻買うの止めるか。

ラストを見る限りでは、
本来ならここまでが序章だったっぽいですね。
あからさまに打ち切りだ。

源ゆう「iconoclast」

・ルーキーズ読み切り評価メーター今月時点(2/25)
パンドラ>(合格ライン)>>尻漫画>>>(越えられない壁)>今月>>(略)>>パクリすれすれBL趣味漫画
…まさか「越えられない壁」を越える漫画がまた出るとは思わなかった。
この企画って、来月のみもりを引き立てるためのネタだったんですね(真顔)。

………と、GF購入時からトップページに書いてましたが、
今読み返してみても正にその通りですな。
マジでまさかまた越えられない壁を
いとも簡単に越えやがる漫画があるとは。

GFお抱えの新人って、レベル落ちたなー(マジ酷評)。
遠野や鎌谷並の奴はもういない訳ね。
かろうじてパンドラハーツは合格ライン上に置きましたが、
それでも連載が持てる程いい作品(作家)とは思えない。
正に「みもり引き立て企画」だと思わざるを得ません。

しかし、この企画上でみもりがパンドラの上に来るかと言えば、
読んでない段階の今でも「それはない」と言い切っておきます。
つーか、選外。

何故なら「読切シリーズ」と銘打っているのに、
みもりだけが「デビュー作の続編」を書く事自体が
おかしいからです。
ま、それだけ特別待遇なんだろうな、と判る訳ですが。

…今月号の漫画の感想ですか?
すげー苦痛なんだけど、やらなきゃならない訳ですか?
最初の数ページ、登場人物が出終わった段階で
ストーリー展開とオチが全て読めるってのもどうかと思います。

確かに漫画を始めとした物語とは「パターンを楽しむ」と言うのも
趣向のひとつだとは思います。
だからと言って、ここまでパターン通りに進まれても。
そして、パターン通りに進め、
光る所が全くない漫画読まされても、紙の無駄としか。

だから、パク(略)BL漫画とは別の意味で「越えたらいかん壁」を
越えてしまった漫画だと認定しました。
ま、これも微ホモ臭えんだけどさ。



つー訳で、今月号感想は険悪な部分が多いような気がします。
でも直す気はなし。

今までは一応でも全部に目を通していたんだけど、
もう通せなくなったかもしれないな。
ガンガンは鋼付録目当てで1年程度買ってたけど、
読んでない漫画も結構あったんだけど。
GFはそんな事なくてコストパフォーマンスに優れてたんだけど。

ロマサガ新作のカットで
ガラハドがハゲになった事に軽くショックを受ける。
デザイナー同じなのに、何故キャラデザをやり直す必要が…。

ベストシーンはやはり菊理か…。
そらダントツになるわな。俺も入れた。

休載は鳩。
が、どうやら作者が病気療養のため、
どうやらキリのいい所で一旦鳩終わらせるみたいですね。
第一部完となった所で果たして第二部が始まるのやら。

次号予告。
表紙:東鳩2
巻頭カラー:ラジアータ・ストーリーズ ジャック編
センターカラー:東鳩2、ゾンビ、救世主さま
新連載:ラジ、東鳩2
最終回:サルガ
このサイト的重大告知:エルナ2予告休載

って最終回なのに、サルガはセンターカラーすら貰えなかったんかい!
円満に終わるのに酷い扱いだ。

ともあれ新連載が2本入ります。
東鳩2に注目してしまうのは男の性か。

ちび終わらないままラジアータやるんですね。
ちびは何処まで漫画家さんが手を入れているのか判らんのですが
(プロットは編集部がやるとかさー)
それでも仕事量は結構あるだろうに。

ああそうだ、前回感想更新時に拍手コメントくださった方、
ありがとうございました。
あの直後に、絵板でコメントに関してレスをつけてあります。
結構前の投稿になってしまうのでページめくらないとならないでしょうが、
未読でしたらどうぞ。

今月号アンケメモ。

Gトラは…どうでもいいや。3番にしておこう。
それにしても選挙なのか。もうすぐ企画終了?
キャラコン「GF一イライラさせるキャラ」…マイナス面投票かよ。
丁度いい事に、今結構いるんだよな。
その中から厳選して、アキバのレズ娘にしといてやる。
今月の1コマは、感想でも挙げたようにプラチェから。
プレゼントもどうでもいいので図書券にしとこう。

アンケ出す動機が、読切カップの悲惨さとアキバへの苦言なんで、
他の事ははっきり言ってどうでもいいんだよな…。


TOP