月刊Gファンタジー05年02月号感想


鎌谷悠希「隠の王」

巻頭カラーなのですが
基本的に読み飛ばし漫画なので真面目に読んでません。

つーか、白!
こんなに書き込みなくて線に強弱ない作家だっけ?
確かにあっさり目の絵を描く作家だとは思ってたけど…
今回に限って「雑だなー」と思ってました。

結賀さとる「E'S」

で、巻頭の読み飛ばし漫画を経て、ここから暫くGFを真面目に読む。
真面目に一気読みできる漫画が増えたなー俺にGF合ってるんだな。

現在の戒が能力を使えない。
彼自身にも原因不明のようだが、おそらくはシェリーのせいか?

正面から当たってギベリーニと面会。
何故か神龍まで同席&とばっちり。
「教会が所持するGの記録ファイルの閲覧」は
「ギベリーニの身辺警護」と言う条件を受ける事で許可される。
しかし式典が終わるまでは警護しなければならないので、
それまではデータ閲覧は不可能だろう。
レオニードも暫く足止めか。

一方、喬は光流と(曳士によって)引き合わされる。
喬の切断された腕は戒によって老化させられたのだから、
そこに残る「戒の能力」によって光流の能力が発現するのではないかと。

…見開きのど真ん中に被ってるから判り辛いんだが、
光流の片腕が真っ二つに割れて、そこから喬の腕が生えてるって感じか?

で、何気に気になるんだが、光流が言ってる「お兄ちゃん」って、
本当に戒か?
スケッチブックの絵は…髪の分け目見る限りでは、戒?
看護婦(フェイクで実は能力者だが)は多分「お兄ちゃん」=戒だと思ってる。
「鷺宮医師」って別に名前並べてるもんな。

でも、喬と対面した光流は震えながら「曳士お兄ちゃん」と口走る。
うーん訳判らん。
スケッチブックの「猫三匹」も何気に伏線なんだろうか。
戒も光流も、記憶とかいじられてそうだからなあ…。

ギベリーニは曳士本人がガルド入りするとして、
身の危険を感じている。だから身辺警護を戒に依頼した。
しかし曳士は本当の次期教皇の首を
先月号のガタイいいおっさんに手土産として持って行かせている。
だから協力姿勢なのだと思うんだが…用心するに越した事はないのか。

PEACH-PIT「ZOMBIE-LOAN」

シトの一族は「尸解の法」を守り続けている。
どうやら「徐副」首領は何百年も生き続けているらしい。
で、シトはその法を極めるために生まれた副産物。

吉住とチカ一党、邂逅。
ミチルはざらめに何か言われて、眼鏡を外して吉住を見たが、
一体何の意味があったのかな。

以前現れたわるいおねえさん再登場。
しかし「運命の輪」とか管理局とか言ってる訳だが、
それって公的機関だよな。どういう設定なんだろう。

ようやくチカとシト再会。これ以上腕腐る心配もないか。

堤抄子「聖戦記 エルナサーガ2」

→「エルナサーガ2」特設ページに感想は書いてあります。

岩佐あきらこ「阿佐ヶ谷Zippy」

いや、既に犬丸は桐子の事知ってますから。
あろう事か携帯の待ち受けにしてますから。
今更心配しても遅いですよ武村さん。

で、桐子も武村にべた惚れフラグ立ちまくりですか。
両思い決定ですね。
そして若菜もマジで桐子に惚れてましたか。
…そんなんだから妹に焼き餅焼かれるんだよ。
雑巾がけで何故ドリフト音がするんだ…。

一部ネームミスがあるのは仕様ですか?

……「次号、武村&桐子に急展開!」ってあおりが気になる。
ここで両思いさせておいて実は死にフラグ発動とかじゃねーだろーな。
まあ基本はコメディだからそんな深刻な事にはならないと信じたいが。

福盛田藍子「ティルナフロウ」

単行本1巻買いました。
書店に並んでないのでe-hon注文で。
…しかし表紙が表紙なので(GF本誌やネット書店など参照)
書店で野郎が買うのは結構しんどかったような気がします。
割と編集に推されてる漫画みたいだから、2巻で終わる事もなさそうだ。
コアの設定とかまとめてコンテンツ作ろうかな。

夢現島に住んでいるフェネック族のリリク君登場。
見開きで綺麗な光景を見せるのはかわりめの時と同じだな。

「リアルでは冬なのに何故漫画世界では夏なんだ」と毎回思ってますが、
1巻巻末によると2巻は夏発売って事なので…この辺は2巻収録だから、
コミックスで読む分には丁度いいのかな。

渡辺浩弐/遠野ヤマ「プラトニックチェーン」

巻末作者コメントのコーズィの方。
すいません当初素で「マヤ」だと思ってました。

それはそうと、明確な敵役登場。
「プラトニックチェーンも君達も殺すよ」と堂々と宣戦布告。

最後に出てきた3人が気になる。
二人目は敵確定として、3人目のおっさんがな。
「必ず護ってあげるから」ってのは誰に向けていっているのか。
女子高生3人組なのか、それとも「泣いてる口裂け女」?

口裂け女が消失したのは、本当に不思議な能力からなのか。
それとも今までの都市伝説と同じくトリックなのか。
…後者だとしたら殺害予告は単なる恫喝とも取れる。

高田慎一郎「ククルカン」

地味に気になってきた漫画。1巻出たら買うか。

あっさりククルカン搭乗訓練。
最初から決まっていた展開なのか、人気ないから巻き入ったのか。
…4話で後者は早過ぎか。

リプトンはぼろぼろですなー。
空挺入れば本当に適役みたいなのにな。射撃上手いし。
でも練習したら何とかなってるレベルの下手さみたいだな。
フックを一発で当てたりしたしな。

で、何気に茅野がリプトンに微妙惚れフラグですか?
そしてエロいことしてないのにやっぱり縛られるリプトンでしたと。

土方悠「VANPIT」

はい次回最終回ー打ち切り決定ー。
…単行本買ったんだがなあ。
13回で終わりか。1クールとか思ってしまった。

つか今回も鉛筆書きの部分ないか?
元々の線と浮いてないから判り辛いけど。
源内の眼鏡が歪んどるしなあ…雑になってないかおい。

好きな漫画なんだから、綺麗に終わって欲しいと切に願う。

柴田亜美「カミヨミ」

2巻買いました。
そしてGF今月号に繋がるってのが商売上手いなと思います。

菊理が死んで、次の話への繋ぎの回。
まさか1話の旦那様がここで登場するとはな。

天馬は零部隊に入隊し、帝月は自分から剣の結界を張ると言い出す。
全ては菊理が死んだ事で動き出す。
彼女がいなくなったが、あくまでもプロローグに過ぎなかったのか。
そして「天狗の神隠し」編開幕。

ついでに偽カミヨミにも触れておきますが、
俺、最初「へーPAPUWAみたいに偽出すんだー
プラチェアンソロみたいにそこから再録かー」と思ってました。
そう思って3作読んで2作目が面白くて
「おうこんな風に菊理萌えな漫画たくさん載ってるなら
偽読みたいな買うか」と思ったんですよ。

そこで考えて、ようやく気付いたんだよな。
この3作は書き下ろしで当面「偽カミヨミ」単行本は出ないと。
ち。

…しかし阿佐ヶ谷に天おとあるってのに余分に原稿描かせたのか。
でも先月に予告カット載ってたから(確か)、
割合スケジュールに余裕持って描かせたのかな。
普段落とさない作家さんだから無理言わせる事も可能だったのか。

何を言いたいかというと、菊理漫画描く人多そうだから偽も出せ。
本編以外でも補完したいよ。

水無月すう「わたしの救世主さま〜lacrima〜」

E'Sからカミヨミまで一気読みしたのですが、ここで小休止。
読み飛ばし漫画登場です。

前から言ってるように鋼付録目当てで
1年間程ガンガン買い続けてたんですが(今は買ってません)
「あーそういやサリエルって敵役いたなー」と今月思いました。
でもまだ展開が良く判らんよ。

主人公が恋人(なのか?)殺せないために(当の恋人に)ボコられる→
それを救いに誰かが(何故か美少女ばかり)やってくる…という
何この口先だけご立派なヘタレ主人公的展開はもういらん。
ループさせるのもいい加減にして貰いたい。
次号休載なのでP数の無駄もなく助かります(酷え)。

鈴木次郎「壮太君のアキハバラ奮闘記」

…何か、俺的には気色悪いネタばっかりで
目を通すのすら辛くなってきた…。

真剣に、夢喰や隠以上に読み飛ばしたい漫画になってきました。
生理的な嫌悪感が先に来るんで、夢喰なんかよりも重症だ…。
俺、ネタと割り切ってもホモレズネタが根本的に苦手なのだろうか…。

でも、ちょめのホモ君は割と好みのギャグだったんだがな。
アレだ、多分「当人はホモだと思ってない」から、救いがあったんだ。

天乃咲耶「現神姫」

本編お休み。番外編。
しかし先月ラストで司狼が夜刀彦に乗っ取られたっぽい展開だったので、
ここで司狼達の前世の話をやるのはストーリー的には理に叶っている。
だから特に違和感を感じない番外編挿入だった。

千姫はやはりうさぎ林檎も作れませんか。

naked ape「switch」

さて。何はともあれ。
新キャラの売人のヒサト君ですが、解釈に迷う子ですな。
ぶっちゃけ男なのか女なのか判らん。

カイが目撃した「男子トイレに入る状況」が
即「=男」と結び付けられるとは言い難い。
つーか女でないとラストのアレが
「男ばかりのドキッ!な乱交パーティ」と言う
一般誌で堂々とホモやらないで頂きたいと机叩きたくなる展開に。

いや、ベッドでバックポジション取って押さえつけてるだけで
やってる訳じゃないんだけどさ。事前とも限らない。
しかしこの引きで1ヶ月持たせるとは、確信犯かと言いたくなるが。

でもこの作家さん、ステ時代にmp編でガチホモやってるからなー
男子高だから耽美っぽい雰囲気だったけど。

MAKOTO2号「テイルズ オブ デスティニー2」

すかーっと寝てるはずのリアラが1コマだけ起きてるのは仕様ですか?

天地戦争時代に飛んだらしい。
えーと、ゲームやってないから良く判らんが「1」以前の時代?
で新キャラ登場?
歴史改変しまくりだなこいつら…。

騒がしい回だったのでよく判らん。

氷川へきる「ぱにぽに」

おとなしくなった妹さんですね。
…毎回感想書くのに困ってるんですよ。判って下さい。

住吉文子「天のおとしもの」

最終回。途中中だるみありましたが、
シリアス展開を要所に挟んだ事で持ち直したと思います。
お疲れ様でした。
作家さんはむしろ柴田亜美みたいな属性持ちだと思うので
(阿佐ヶ谷の人とはちょっと違うと思う…
ギャグ入れつつももっとシリアスを描ける人、
つーか無理にギャグやらさん方がいいと思う)
次はもうちょっと普通の漫画を読んでみたいです。

が、しかし。
アーガイルの魂の「容れ物」は予想の斜め上45度を行かれました。
それ、いいのか?世の中大丈夫か?全人類ロリ萌えにならないか?
マジで「案外凄い事するなー」だよ…ももちゃん。

真柴真「夢喰見聞」

月白君は獏でしたと。
それも蛭孤とは違い、悪意満々の獏。
悪夢を自力で作り上げようとする、アクティブな奴ですな。

とすると、蛭孤が特別な獏なのか?
そもそも獏ってのは全員が元人間なのか?

TAGRO「宇宙賃貸サルガッ荘」

久し振りに作者サイト覗きましたが、
(掲示板リンクがBLINKしてるのは何とかならんかねあそこ)
どうやら「春から無職」だそうで。
という事はサルガも残り2回程度?
盛り上がる訳だ。

…えーと、読み返してた訳だが、
アグレーが「白の魔女(あなたたち)が自ら消した〜」って台詞は
ネームミスですか?メウは黒の魔女なんだろ?意味が逆転するぞ?
阿佐ヶ谷、テイルズに続いてこれか…
今月号、ミス多いなあGF…編集しっかりしろよ。

テルと父親、明確な対決姿勢。
一方、リコはあくまでも奇妙な立ち振る舞いを見せる。
彼は「メウを裏切った事はない」と言い切っている…となると、
敵方に回ったと見せかけて、最後にとんでもない事をしでかすのではないか?

上田信舟「真・女神転生 外典 鳩の戦記」

………メガテンのLAWはこれだから。
と言いたくなる典型ですなこりゃ。
自分は「罪なき者」だと驕り高ぶってるんだよな…。

姫の能力は無限マグネタイトとか無限魔力とか、
そんなもんなんですかね。

手代木史織「GUNS&HILLS」

おお苗字が一括変換できるPNだ。普通にある苗字だったんだ。
と、それはさておき。

こんなもん載せてなめとんのか読者を。

先月号の読みきりで
「まあ元気のいい新人発掘企画って事でいいか」と
気合が持ち直したんだが、今月のこれはまずいだろ。
先々月のパクリすれすれBL願望出しまくり漫画とは別の意味で。

隕石に付着した病原体による異形変化の病気。
病気の拡大を恐れ、鎖国する各政府。
しかしその鎖国と迫害を否定し戦う反政府組織…。

て。
何故抗体あんのに迫害すんの?

治療や抑制の手段があるなら、
抗体打って一旦隔離とかするだけでいいじゃないか。
抗体で他人への感染が抑制できるなら、
それが不可能な「カミヤドリ」世界観よりも緩やかでいいじゃないか
…と思わず三部けいファン的発言。

つーかそこで抗体使って隔離治療政策するなら
マジでまんま「カミヤドリ」なんだけどさ。
パクリとは思わないよ?ひねれば出てくる設定だと思うから。

新政府は抗体の存在自体を否定している?
(これは今フジ739で再放送してる「シチリアの龍舌蘭」か…
繰り返すが設定自体は良くあると思うのでパクリとは思ってません)
しかしそれならば抗体を持っている反政府がその存在をアジればいいだけだ。
その様子もない。
ならば新政府は抗体の存在を知って尚、感染者を迫害するのか?
馬鹿の所業かつ、それに従う委員長以下は狂信者か?

と言う風に設定の根幹が甘いんだよなこれ。
だから冒頭で「なめとんのか」と言った。
しかもやっつけ仕事じゃなくて「長年暖めて来た話」なんだろ?
勘弁しろよこんなレベル低いもんで満足しやがって。

親友同士殺し合うってのもバトロワちっくで厨房臭えよなーと。
中学時代の思い出話始める辺りでそう感じた。



キッズで始まった好きしょ(略称)を1回だけ見たんですが、
何つーかG-TRIBEってこういうノリ目指してんのかなーと思いました。
いや露骨なBLは抜きで。微かに香る程度で収めるとして。

今回は福盛田女史のキャラが見れたので満足。
…確か俺、セーラー服に入れたような気が…最下位か。
女の子ネタ投入が増えてきたよーな気がするな。

今月はティルナテレカ目当てでアンケ出しました(先月末には完了)。
G-TRIBEは何に入れたっけ…学食か?忘れた。

今月号表紙のテレカプレゼントはどうなるんでしょう…
このままだったら詐欺に近いと思う。
つーかこんな表紙になる位なら別の人にやらせりゃ良かったのに。

前述のようにカミヨミ2巻買ったんですが、
菊理&くり子ちゃんテレカ欲しくなった…
GF買ってるし応募券も1枚あるし、80円切手10枚用意して全プレ申し込むか。
ガンガンサイドの大佐&ウマ子テレカも捨て難いが、
PAPUWAは単行本買うまではハマってないもんな…。

キャラコンとベストシーンはカミヨミが制覇。
地味にヴァルがキャラコン「勤勉なキャラ」で2位だったり。
何だ本誌派結構居るじゃないか。
それとも読者自体から人気取れてるのか?エルナ2って。
ベストシーンにはテイルズ滑り込み率が最近上がってきたような気もします。
やはりゲーム自体に人気があるのかな。

さて、次号予告。
表紙:ぱにぽに
巻頭カラー:カミヨミ
センターカラー:阿佐ヶ谷、switch、ゾンビ
最終回:VANPIT

…って次号予告読んで発見したんだが、
switchの売人君って、「少年」!?
あれ、マジでホモな乱交パーティ!?勘弁してくれ。

東鳩2はGF4月号から開始。
ラジアータ・ストーリーズも4月号から新連載とのこと。

ラジアータの方の作画はちびとらいぶやってる人なんだが、
そうなるとちびは次回で終わるのか他の人に引き継ぐのかな。

で、この人は噂によると以前ガチでパクリやらかした人らしいんですが、
何処かに比較画像とかあるんでしょうか。
それは単行本から抹消されたそうなので、本気でヤバイパクリだったんでしょうな。
でもちびやって新連載開始ともなれば、みそぎは済んだと言う事かね。


TOP